夜逃げは犯罪?

夜逃げとは夜のうちに逃げるように引っ越すことをいいます。

夜逃げ自体にはマイナスの意味はなく
夜に行き先を伝えず逃げるように引っ越せば夜逃げと言われます。

ストーカー被害などでこっそりと引っ越す方もいます。
しかし、夜逃げと聞くと借金などお金などを返せなくて
やむなくこっそりと引っ越していくところをイメージする方が多いでしょう。

そこで気になるのが、借金などを返さず夜中にこっそり引っ越した場合など
「夜逃げは犯罪になるか」ということです。

一見、お金を返さず逃げるのですから罪に問われそうなものですが、
多くの場合に夜逃げは犯罪にはなりません。
犯罪になるには刑法違反を犯した場合です。

最初から返す意思がないにもかかわらず、
夜逃げなども含め計画をしてお金を借りると詐欺になります。
詐欺は刑法違反ですのでもちろん犯罪です。

しかし、最初は返す意思があり、
やむにやまれず返せなくなったという場合は
民事ということになりますので警察は動けません。

「返す意思はあるけれど今返せない」という事実を覆す証明は難しく、
刑法違反だと断定するには証拠が足りないことが多いのです。

このことから民事として訴えられることはありますが、
刑法違反として処罰することは難しいのです。

ですがやはりキャッシングする際は返済計画をしっかりたて、
夜逃げをする必要ないように返済をちゃんとしていくことがいいでしょう。

夜逃げ経験者が語る!夜逃げの厳しさと難しさ